FC2ブログ

映画 Go! Go!

映画・コンピュータ・小さいもん・アダルトビデオが好きな、中年オヤジの戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末のフール




電車のつり広告で文庫本の宣伝があった。

何となく目で追っていると「終末のプール」という文字が目に止まった。
地球最後の日に何をしますか?って説明文が横に書かれていた。

「地球最後の日に何をするかって考えて、仲間or家族でプールで泳ぐって話かな」と想像した。

もう一度つり広告に目をやるとプールではなくてフールである事がわかった。
「フール? pool(愚か者)の事か、最後の日の人間の愚かな行動を描いた小説か」と想像した。

帰宅してからネットで検索してみると、想像は大間違いだった。

8年後に大隕石が地球にぶつかり地球が滅亡する事が発表されて大混乱になった5年後の話だ。つまりあと3年で地球が滅亡する日の話。その頃には平穏な日々が戻ってきて人はそれぞれ残り3年の過ごし方を考えながら暮らしている。

そんな背景での数名のエピソードが短編として収められているのが「終末のフール」。
長らく子供が出来なかった夫婦が思いがけず子宝に恵まれ、生むべきか否かで悩む話に興味を持った。

3年しか生きられないことがわかっている状態で授かった子供だ。
「自分ならどうするかな?」と考えた。

自分の子供が小さかった時の思い出が頭を巡り、間違いなく出産する方を選択すると思った。でも子供も持っていない時ならば、3年先の終焉がわかっているのなら、産まない方を選択するだろうとも思った。

実は「終末のフール」はまだ読んでいないので、小説の夫婦がどうしたのかは知らない。地元の図書館で予約中なのである。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eiga55.blog40.fc2.com/tb.php/65-e0f17a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。