FC2ブログ

映画 Go! Go!

映画・コンピュータ・小さいもん・アダルトビデオが好きな、中年オヤジの戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会

大好きな永作ちゃんを見るために「同窓会」を観てきました、ってこんな書き方をすると映画はおもしろくなかったようですが「ハイいまいちでした(笑)」

映画の冒頭に「勘違いは人生最大の悲劇であり、喜劇である」ってテロップが流れるんですが、このシナリオで何故こんなテロップを流すんでしょうね?

主人公が勘違いしている事を観客に気付かせずにおいて最後にチャンチャンというシナリオだと思うのですが、ひめ(鈴木砂羽)が、かっつ(宅間孝行)に電話して、「雪(永作博美)が3ヶ月」って言うシーンから、最初のテロップが理由で勘違いしている事がバレバレなんですよ。

だから、かっつが必死になって、雪の望むこと(これも勘違いなんだけど、これは気付かなかった)を叶えてあげようと奮闘するシーンも見てられないというか、どういう心構えで見ればいいのか戸惑ってしまって、早くラストシーンにならないかと時計をチェックしてしまいました。

題材はおもしろいと思いますので、観客にかっつの勘違いを明確に示してかっつだけが勘違いしているシナリオか、もっと徹底的に観客も勘違いさせるような作り方にして欲しかったと思います。

それにしても永作ちゃんはやっぱりかわいい。彼女の場合、何故かちゃんづけになってしまうんですよね。ribbon時代から変わらないかわいさで最高、最近はスクリーンで見ることも多くなって嬉しい限りです。

しかしウィキペディアによるともう37歳なんですね。まあ私が四捨五入で50歳になるんだからしかたないか・・・・
もっとスクリーンに出て欲しいと思います。

雪の高校時代を演じた尾高杏奈さんもかわいい女優さんですね。初めて見る方でしたが魅力のある女優さんだと思います。彼女もたくさんスクリーンに登場する事を期待します。

映画的にはうなずけない作品でしたが、二人の雪がかわいくてとても良かったです。


↓離婚記念にドンペリでかんぱ~い! 永作ちゃんかわいい!
同窓会

同窓会
←尾高杏奈さん、かわいすぎます!




覚書:
映画題名:同窓会
映画監督:サタケミキオ
映画俳優:宅間孝行、永作博美、鈴木砂羽、二階堂智、阿南敦子、飯島ぼぼぼ、尾高杏奈、兼子舜、渡辺大
映画鑑賞日:2008/8/21(2008#18)
映画鑑賞場所:シネマート心斎橋

解説:
テレビドラマ「花より男子2」の脚本家、サタケミキオが初監督した大人向け青春映画。ある30代の夫婦の離婚をきっかけに巻き起こる人生の悲喜こもごもを、彼らの青春時代である1980年代の風俗を織り交ぜながら見せる。本作で宅間孝行の名前で俳優としても活躍する監督自身が初主演も果たす。その愛らしい妻役を『人のセックスを笑うな』の永作博美が明るく演じる。最近ではあまりお目にかからない、ストレートな愛や友情の物語が胸にしみる。

あらすじ:
若手新進女優(佐藤めぐみ)と不倫中の映画プロデューサー南(宅間孝行)は、ある日妻の雪(永作博美)に離婚話を切り出す。2人は高校時代からの初恋を実らせて、見事ゴールインしたが子どもには恵まれず、あっさりと離婚が成立する。だがその昔、男性たちのあこがれのマドンナだった雪への南の裏切りを知った高校時代の仲間たちは、激怒する。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eiga55.blog40.fc2.com/tb.php/24-75265f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

同窓会

いい意味で裏切られるハートウォーミングなドラマだ。克之と雪は初恋を実らせて結婚したが、30代にして平和的離婚。だが雪が余命三ヶ月と知らされた克之は、彼女が思い続けていた同級生の男性と再会させるため同窓会を企画する。一見、お涙頂戴の難病ものに見えるが、実は...

  • 2008/08/23(土) 23:56:41 |
  • 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。