FC2ブログ

映画 Go! Go!

映画・コンピュータ・小さいもん・アダルトビデオが好きな、中年オヤジの戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ギャングスター

映画題名:アメリカン・ギャングスター
映画監督:リドリー・スコット
映画俳優:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ

おもしろい映画でした。
長年、ハーレムの支配者の運転手を勤めた男が主人の死後、麻薬王として成り上がる姿と、強い正義感で麻薬王を追う刑事の姿が、スリルいっぱいに描かれています。

男はきっちりとしたビジネススーツに身を着込み、週末には妻・母と教会に通い、スポーツ選手などの有名人と交友する生活を送りながら、裏ではベトナムから麻薬を密輸し安価に売りさばきます。今までの麻薬売買と別のルートを構築し麻薬王に成り上がる姿は、やり手のビジネスマンそのものです。

刑事は正義感から仲間から疎まれ家族にも逃げられてしまいます。妻との裁判中に公然とその正義感を攻められその場を去るシーンが悲しかったです。信念を貫くには犠牲が必要ですな。

麻薬王を追い詰めていく後半は手に汗にぎる展開で、長い上映時間だったけど苦にならずに楽しむ事ができました。「骨太の男の映画」って感じでしょうか?



【20080223】004



覚書:
映画鑑賞日:2008/02/15 (2008#2)
映画鑑賞場所:阿倍野アポロシネマ8

解説 :
1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。『グラディエーター』の名匠、リドリー・スコット監督がメガホンを取り、しがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男の一代記を骨太に描く。主演はオスカー俳優のデンゼル・ワシントン。彼を追う刑事を同じくオスカー俳優のラッセル・クロウが演じる。型破りなギャングスターの知られざる実像、多くの有名アーティストによるゲスト出演などに注目。

ストーリー :
1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。時に横暴ともいえる強引なやり方で財力をつけたフランクは、マフィアにも一目置かれる麻薬王として街に君臨する。

コメント

はじめまして。

fc2へのトラックバックができませんので、コメントでお返します。

デンゼルは、まさにビジネスマンです。生まれた環境と時代が違ったら、どこかのCEOにでもなっていたでしょうに。

  • 2008/02/24(日) 01:52:23 |
  • URL |
  • バラサ☆バラサ #-
  • [ 編集 ]

バラサ☆バラサ さん

はじめまして。
TB承認、コメントありがとうございます。

どんな世界でも1番になるにはビジネス感覚が必要なんでしょうね

今後とも宜しくお願い致します

  • 2008/02/24(日) 07:48:41 |
  • URL |
  • eiga55 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eiga55.blog40.fc2.com/tb.php/2-42a82fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アメリカン・ギャングスター」 「アメリカン」である意味

タイトルに何故「アメリカン」とついているのでしょうか? イタリアン・マフィアから

  • 2008/02/23(土) 19:34:02 |
  • はらやんの映画徒然草
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。