FC2ブログ

映画 Go! Go!

映画・コンピュータ・小さいもん・アダルトビデオが好きな、中年オヤジの戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT


話題の映画、マイケル・ジャクソン THIS IS ITを鑑賞しました。

最初は観る気が無かったんです。でもFM802を聞いているとみんな絶賛しているんで気が変わって本日観ました。

いや~、最高じゃないですか。これならもっと音響設備のよい映画館で観たかったと思いましたね。知っている曲が沢山あったしね。

BEAT ITとか、スリラーが大ヒットした時は10代後半だったんです。でもその頃はハードロックばっかり聞いていたんで、あまりマイケルジャクソンは好きではありませんでした。今回、THIS IS ITを見てマイケル・ジャクソンの凄さに初めて気がついたような気がします。

リハーサルシーンですから本気モードでは無いのですが、それでもダンスは凄いし、唄もいい。それとバックダンサーやミュージシャンが、マイケル・ジャクソンの細かい指示に敏感に反応するところを見ていると、プロフェッショナル集団って凄いなと感動すら覚えました。

良かったのは、BEAT IT~BLACK OR WHITEのロックっぽい所。ギターのお姉さんがめっちゃくちゃカッコ良かった。BEAT ITのギターソロではオリジナル通りライトハンドをばっちり決めてました。

マイケル・ジャクソンがスタッフにクレームを出した後で「怒っているんじゃないんだ。愛なんだ」ってフォローするシーンがありましたが、ちょっとゾクッってしましたね。今度会社で部下に注意する時に言ってみようかな(笑)

↓ギターのカッコ良いお姉さんとマイケル。最高!
マイケル・ジャクソン THIS IS IT

覚書:
映画題名:マイケル・ジャクソン THIS IS IT
映画監督:ケニー・オルテガ
映画俳優:マイケル・ジャクソン
映画鑑賞日:2009/11/20(2009#4)
映画鑑賞場所:あべのアポロシネマ8

解説:
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。何百時間にも及ぶリハーサルを一本の映画にまとめあげたのは、『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』の監督兼振付師で、予定されていたロンドン公演のクリエーティブ・パートナーでもあったケニー・オルテガ。コンサートを創り上げる過程では、偉大なスターであり才能あふれるアーティストでもありながらなおも進化を続けたマイケル・ジャクソンの素顔が垣間見える。

あらすじ:
2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。