FC2ブログ

映画 Go! Go!

映画・コンピュータ・小さいもん・アダルトビデオが好きな、中年オヤジの戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法にかけられて

うん、普通におもしろかった。

ディズニーならではのアニメと実写のミックス映画。子供向けの映画かなと思っていましたが、なかなか大人が楽しめる、いや、大人向けのファンタジー映画だと思います。

ストーリはお決まりで、始まってしばらくすればエンディングの予想もつく、そしてその通りに終わる。冷静に考えると「そんなので何がおもしろいの?」と思うのだが、何故か観ている時は熱中してしまう。さすがディズニーと思います。

映画前半のアニメからニューヨークでのドタバタまではちょっと退屈でしたが、公園でのミュージカルシーン以降がよかった。

レストランで弁護士ロバート(パトリック・デンプシー)の手品を見て、「魔法みたい!」と喜ぶジゼル(エイミー・アダムス)、このあとロバートに惹かれていきます。題名とおり、魔法にかけられたように・・・

ジゼルは人間世界で永遠の愛を手に入れ残るんですが、「数年したら離婚するんとちゃうか?」と余計な心配をする私は荒んでいるのかな。
中年オヤジでも楽しめたので、アベックで観れば、その後の会話が盛り上がるんではないでしょうか?

↓恋の魔法にかかっているジゼルは王子と再会しても・・・
魔法にかけられて



覚書:
映画題名:魔法にかけられて
映画監督:ケヴィン・リマ
映画俳優:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、スーザン・サランドン、ジェームズ・マースデン
映画鑑賞日:2008/3/28(2008#13)
映画鑑賞場所:アポロシネマ8

解説:
アニメーションの世界に暮らすプリンセスが、魔法で現代のニューヨークに追放されてしまうディズニー・ファンタジー。『ターザン』『102』のケヴィン・リマが監督を務め、ディズニーの“お約束”が通じない実写の世界で右往左往するお姫様の冒険を、夢いっぱいに描き出す。主演は、33歳で“ディズニー・プリンセス”役を射止めたエイミー・アダムス。おとぎの国のシーンはアニメ、ニューヨークでのシーンは実写で描くというユニークな設定にも注目だ。

あらすじ:
“アニメーションの世界”に暮らす心優しいプリンセスのジゼル(エイミー・アダムス)は、夢にまで見た王子様との結婚式の当日、意地悪な魔女に騙されて魔法をかけられてしまい、世にも恐ろしい世界へ追放されてしまう。そこは“おとぎの国”とは正反対の刺激的な“現代のニューヨーク”で、ジゼルはパニックに陥ってしまう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。