FC2ブログ

映画 Go! Go!

映画・コンピュータ・小さいもん・アダルトビデオが好きな、中年オヤジの戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト、コーション

映画題名:ラスト、コーション
映画監督:アン・リー
映画俳優:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン


150分以上もある長い映画なので「どうしようかな?」と思っていたのですが、評判がよいので見に行ってきました。(長時間座っていると腰が痛くなるんです・・・)
レイトショーなのに半分程度席が埋まっているし、しかも女性が多くてちょっとびっくり。

激しいベッドシーンが話題になっていますが、映画そのものはポルノちっくなストーリではなく、とてもスリリングで長い上映時間を忘れる映画でした。ベッドシーンも必然性のあるものでした。

レイプまがいで初めてイー(トニー・レオン)と関係を持ったあと、一人ベットに残った時のワン(タン・ウェイ)の「やっと私の罠にはまった」って感じの笑いには、背筋がゾクゾクときましたねぇ。

前半、香港でのクラブ活動的なノリから、後半、上海での決死の覚悟、そして悲しいラストまで、美しい映像でうまく繋いでいるなと思いました。

初めて二人で食事をするシーン、料亭でワンが歌い舞うシーン、宝石点でイーを逃がすシーン、処刑時間を告げる時計の音が響くラストシーン、印象的なシーンがたくさんあり、余韻に浸れる映画でした。

因みに題名ですが「ラスト、コーション」なので「最後(LAST)の警告(CAUTION)」だと思っていましたが、「LUST(肉欲), CAUTION(警戒)」です。
中国では「色・戒」となるそうです。

↓しかしタン・ウェイ綺麗ですなぁ
【20080308】06



覚書:
映画鑑賞日:2008/3/7 (2008#8)
映画鑑賞場所:TOHOシネマズ なんば


解説:
日本軍占領下の上海、そして香港を舞台にチャン・アイリンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化したサスペンス・ドラマ。1万人のオーディションで選ばれた、女スパイを演じるタン・ウェイは大胆な性描写にも体当たりで臨み、演じ切る。トニー・レオンの完ぺきな中国語にも注目。総製作費40億円をかけた映像美も見逃せない。

あらすじ:
1940年前後、日本軍占領下の上海。ワン(タン・ウェイ)は女スパイとしてイー(トニー・レオン)のもとへ送られる。しかし、大臣暗殺を企てる抗日青年との間で心が揺れ動くワンは……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。